障害者とは

日常語では身体障害者の事を指す場合が多いのですが障害者とは身体障害者、知的障害者、精神障害者を含みます。

障害者基本法は障害者を以下のように定義しています。

この法律において「障害者」とは、身体障害、知的障害又は精神障害(以下「障害」と総称する)があるため長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。

障害者福祉

その障害が将来とも回復する可能性が極めて少ないものであり、必ずしも将来にわたって障害程度が不変のものに限らないものとする。
障害を持っていても健常者と同様に自立して暮らすために、国や自治体から福祉サービスを受けることが出来ます。

どのようにして日本の障害者福祉に関する法制度を説明しながら、どのようにして様々な福祉サービスを受けることが出来るかを紹介していきたいと思います。